チップとデールのツリーハウス

木のお家をくぐり抜けてシマリスの気分になれる、チップとデールのツリーハウス

 

トゥーンタウンにあるチップとデールのツリーハウスは、ウォークスルータイプのアトラクションで、チップとデールの家であるカシの木の中を階段を上ったり下りたりして楽しみます。

 

シマリスの双子の兄弟であるチップとデールはとっても小さな体なので、それにあわせてミニマムに作られたお家は、ちょっと狭くてワクワクする空間。

 

小さな動物になったつもりで探検してみてくださいね。

 

スポンサーリンク

ライド系に比べると物足りないですが、いろいろと見たり触ったりして楽しめます

 

(引用:http://www.tokyodisneyresort.jp/tdl/attraction/detail/178/)

 

チップとデールは小さなリスですが、チップとデールのツリーハウスも同じように小さなアトラクションです。

 

実際には階段を上って下りるだけのものなので、ライド系アトラクションなどと比べると物足りないかもしれません。

 

チップとデールのツリーハウスは小さなお子様が遊具の中を探検するようなアトラクションです。

 

小さな飾りやどんぐりバター製造マシンなど見たり触ったりして楽しめるものもありますので、体験しながら彼らの生活を垣間見ることができますよ。

 

チップとデールはここでどんぐりバターを作って提供しているのです

 

(引用:http://www.tokyodisneyresort.jp/tdl/attraction/detail/178/)

 

チップとデールはどんぐりが大好き。

 

彼らの家はカシの木でできていて、この木は1年中どんぐりが実っています。

 

それは彼らがカシの木を育てるのが上手だからなんだそう。

 

このどんぐりを使ってチップとデールはどんぐりバターを作っていて、ツリーハウスの下にはどんぐりバター製造マシンが置かれています。

 

これはレバーを引いたりボタンを押したりすると音が出てくる仕掛けになっていますので、訪れた際にはぜひ触ってみてくださいね。

 

そして、どんぐりバター製造機の上にはボードが掲示されています。

 

そこにはミッキーやミニーなど彼らの友達の名前とどんぐりのマークが。

 

これは誰にいくつどんぐりバターを提供するかを示しています。

 

表の1番下には「グッドタイムカフェ」と書かれていますが、これはトゥーンタウン内にあるレストラン、ヒューイ・ドゥーイ・ルーイのグッドタイム・カフェのこと。

 

このレストランにもどんぐりバターを提供しているんですね。

 

混雑しないので、お子様にゆっくり遊ばせてあげることができます

 

(引用:http://www.tokyodisneyresort.jp/tdl/attraction/detail/178/)

 

トゥーンタウンの中でも特に小規模アトラクションであるチップとデールのツリーハウスは、パークの混雑度合いにほとんんど左右されることなく空いています

 

待ち時間がなく楽しめますが、体験時間は短くてあっという間に終わってしまいます。

 

逆に混んでいないのでお子様にはゆっくり遊ばせてあげることができるでしょう。

 

階段を上ったり下りたり、いろいろなものを触ってみたりして好きなように楽しませてあげることができます。

 

小さなお子様向けのチップとデールのツリーハウス

 

チップとデールに会える場所というわけでもないので、大人の方には物足りないかもしれません。

 

しかし、階段を上ってみると少し高い場所からのトゥーンタウンの景色が楽しめます。

 

普段の目線では見ることができない景色は、パークを散策する上でも楽しむポイントの1つ。

 

小さなゲストは木の中の階段を上り下りする楽しみ方、大人のゲストは景色を見たりさまざまな小物を見てチップとデールの暮らしを感じる楽しみ方ができるアトラクションです。


応援お願い致します!
にほんブログ村 その他趣味ブログ ディズニーランド&シーへ
にほんブログ村

スポンサーリンク